名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

決断できる人になる

◆ はじめに
 ビジネス環境が目まぐるしく日々変化し、大量の情報が飛び交う中で、現代のビジネスパーソンは瞬時に決断をしなくてはなりません。
今回は、決断できる人と決断できない人の違いを見ていきたいと思います。

◆ 失敗を恐れない
 決断できない人の特徴として、失敗を恐れるあまり、新しい事にチャレンジしないという事が挙げられると思います。チャレンジする前に計画を練る事は非常に良い事ですが、悪い事ばかり考えてしまい行動に移せないケースがよくあるかと思います。
仮に失敗をしてもそれが良い結果に繋がる事もありますし、1度決めたことは絶対ではありません。状況や環境の変化に合わせてその際は、修正をすればいいだけの事です。

◆ 一つに絞りこむ
 選択肢が多いと、AもBもCも良く見えてしまいます。この様な状況ですと即時に決断ができなくなります。そうならない為にも、他の選択肢を捨てて一つに絞り込む事が大切です。
 仕事の出来る人が陥りがちなのが、自分は能力があるから様々な仕事ができると考えます。しかし、現実には集中力が分散してしまい、最高のパフォーマンスを残す事はできません。

◆ 目的を明確にする
 目的が明確に決まっていないと決断できないケースがあります。身近な例で言うと、ダイエットが当てはまります。だだ漠然とダイエットをしたいと思っていても、目的がないと決断して行動に移す事ができない人が多いのではないでしょうか。さらに、目的がない場合には、具体的な目標を決める事ができません。
 ダイエットを仮にしようと思っても、具体的な目標がない場合には、ついつい手を抜いてしまったり、自分に甘くなります。
 仕事も同様に、明確な目的があるからこそ、具体的な目標を決める事ができ、それが決断へと繋がります。
 
◆ おわりに
 決断する事は口で言うのは簡単ですが、実際に行動に移すのは難しい場面が多々あるかと思います。常に決断する事を意識する事により、習慣化してみて下さい。

お知らせ一覧へ

クラウド・Eラーニング
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
助成金
資金調達支援
障害年金申請代行
起業家応援パック
採用情報
福利厚生

PAGE TOP