名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

『スパイウェア』について

◆ はじめに
 トレンドマイクロによると一般的に『スパイウェア』とは、ユーザーの同意無しにコンピュータに侵入し、コンピュータの情報や個人情報を盗み出したり、盗み出した情報を元に広告をポップアップしたりするプログラムを総称して『スパイウェア』と呼びます。主に次のようなものがあります。

◆ スパイウェアの種類
① スパイウェア
個人情報などのデータをユーザに無断でコンピュータから取得し、外部に送信するプログラムです。
② アドウェア
プログラムの起動時にバナー広告などを表示するプログラムです。多くの場合には個人情報を盗み出すスパイウェアが含まれています。
③ ハッキングツール
ハッカーの侵入を手助けするプログラムです。
④ リモートアクセスツール
外部からの無断アクセスを手助けするプログラムです。
⑤ パスワードクラックソフト
パスワードを無断で外部に送信するプログラムです。

◆ スパイウェアの侵入方法
① 無料のソフトをインストールしてしまう。
② 偽物の広告やポップアップをクリックする。
③ 悪意のあるサイトにアクセスする。

◆ スパイウェア対策とは
① ウイルス対策ソフトを利用する。
ウイルスに感染しないようにすることは大切です。最新のウイルス対策ソフトを定期的に更新し、検査を行うようにしてください。
② コンピュータを常に最新の状態にする。
パソコンには様々なソフトが入っています。こうしたソフトには脆弱性と呼ばれる不具合が発見されることがあります。脆弱性が発見されるたびにメーカーから修正プログラムが配信されています。通知が来たらすぐに更新することが大切です。
③ 怪しいサイトや不審なメールに注意する
突然のウイルス検知の警告などが出ても動揺して安易にボタンをクリックしたりせず、システム担当者に確認を依頼し冷静に対応してください。

◆ おわりに
 パソコンに侵入し、個人情報や機密情報を不正に取得、外部へ送信してしまうスパイウェアは情報漏洩の点からも大きな脅威となっています。
日頃から「不審なソフトはインストールしない」「怪しいサイトは訪問しない」といった、利用者個人の心が大切です。こういった心がけ一つで被害は防ぐことができます。  

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP