名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

バンドワゴン効果

◆ はじめに
 流行の飲食店、ラーメン屋など行列に並んでも入りたいと思われるお店があります。なぜ、長時間並んでもそのお店に入りたいのでしょう?
心理学的に見ると行列は「同調行動」の一つで、バンドワゴン効果という心理現象です。
今回は、マーケティングの基礎ともいえるこの心理現象について取り上げたいと思います。

◆ バンドワゴン効果とは
 バンドワゴン効果とは、行動心理学の用語で、ある製品や事柄に対し大勢の人が支持している場合に、その製品や事柄への支持がよりいっそう高くなる現象のことをいいます。
実際のモノの価値ではなく、他人はどうしているのかを気にする日本人には、馴染みある心理現象です。
「みんなが買っているから」「みんながやっているから」という理由に基づく安心感、購買欲求などがこれに当てはまります。

◆ 行列の効果
 バンドワゴン効果を集客に利用する方法として、あえて席数やレジの数を少なくし、行列ができるようにすると、その行列を見て新しいお客様が興味を持つようになります。つまり、意図的に行列を作り、宣伝に使うということです。

◆ キャッチコピー
 「当店No.1の人気商品」「全米No.1の話題作」「半年後まで予約一杯のレストラン」などのキャッチコピーは、多くの人が支持していることをアピールでき、「買うのが普通」という印象を与え、購入を促す効果があります。

◆ レビュー
 インターネットショッピングの場合は、お客様のレビューや評価を利用したマーケティングを行います。
お客様の高評価やレビューが多いと、商品やサービスに対する満足度がわかり、新しいお客様が興味を持つようになります。
 
◆ SNS の口コミ
 「インスタ映え」する商品がその顕著な例であり、その商品を投稿した友人知人のインスタやその他SNSを見て興味を待ち、自分も足を運んでみようかな?という気持ちになります。

◆ おわりに
 日本人には、特に有効なバンドワゴン効果を、ビジネスに上手く生かしてみてはいかがでしょうか。
ただし、行列に並んでまで入った店が、おいしくなかったり、あまり価値が感じられなかった場合には、より不満を増幅させることにもつながりますので、注意が必要です。

お知らせ一覧へ

クラウド・Eラーニング
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
助成金
資金調達支援
障害年金申請代行
起業家応援パック
採用情報
福利厚生

PAGE TOP