名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

法定相続と税額計算

◆ はじめに
 相続について法定相続分があることは皆さんご存知かとおもいます。ここで、法定相続とはどのような趣旨であるのかについて簡単に紹介させていただきます。

◆ 法定相続とは
 法定相続とは、民法で定められた相続人とその相続分です。相続には①遺言書による相続②遺産分割協議による相続があります。この遺産分割協議において参加することができる人が法定相続人になります。相続ではお金が絡んでくる以上、各人の足並みがそろわないのは当然です。そこで民法では、話合いの指標として相続人の範囲と相続できる割合をさだめており、これを「法定相続」といい、法律上、相続人になれる人物を「法定相続人」とよんでいます。

◆ 税額計算
 相続税の税額計算は以下のようになります。
遺産総額-基礎控除額=課税遺産総額
課税遺産総額×税率=納税額 となりますが、ここで注意するのは、一旦、法定相続分で相続したと仮定して各法定相続人に振分けたうえでそれぞれに相続税率をかけて税額を計算します。
そして、各人の税額を合計して、家全体の税額を算定します。このあとで、実際に財産を相続した割合に応じて税額を振分けて各人の納税額を算定していきます。
なぜこのような手間をかけて納税額を算定するのでしょうか。

◆ 法定相続の趣旨
 このような計算をする理由は、財産の分け方によって税率が変化してしまい、有利・不利の状況が生じることを避けるためにおこなわれます。すなわち、法定相続分で一旦相続したとして仮定して納税額を算定し、その後実際の財産相続額に応じて税金を振分けることで、税金が遺産分割に影響を与えないようにするためです。

◆ おわりに
 少子高齢化社会が進む今の日本において、相続問題はこれから益々重要となっていきますが、遺産争続にならないためにも、今から終活活動の一環として、相続について事前準備をすることをお勧めします。
その際にはASK税理士法人ご相談いただければ幸いです。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP