名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

5Sによる職場環境の向上

◆ はじめに
 一般的な製造業では各職場内で5Sという標語を掲げ活動を行っていると思いますが、改めて再確認という意味で今回紹介致します。5Sとは『整理』『整頓』『清掃』『清潔』『しつけ』です。目的は「ムダ」を徹底して省き職場環境をより良くして、作業を行いやすいようにする事です。

◆ 整理
 あなたの仕事場の作業台やデスクは散らかっていないでしょうか。仕事場に物が増えると、探す手間や物の紛失が発生しやすくなり「ムダ」が発生します。まず不要なものはすぐに捨てましょう。次に今後使うかもしれないような物は保管期限を決め、過ぎたら速やかに処分するようにしましょう。仕事場には、すぐ使用する道具つまり本当に必要なものだけを残すことが重要です。

◆ 整頓
 職場内において、無理な姿勢を強いる仕事道具の置き場や置き方から生じる「ムリ」日々の仕事の流れにあっていない道具の配置による動線の「ムダ」道具の場所が決まっていないために起こる作業の品質の「ムラ」を無くしていく事です。例えば1人当たり1回1秒のロスだとしても1日100回行えば100秒、365日行えば年間36,500秒の大きなロスとなります。

◆ 清掃
 掃除が行き届いていない状態では、職場内の問題が分かりづらくなってしまうため、日頃から清掃を行い異常に気がつくようにする事です。また、日頃から丁寧に清掃を行うことにより職場を大切にするという気持ちも養うことができます。

◆ 清潔
 『整理』『整頓』『清掃』を維持し、さらに、床を汚れの見つけやすい色にするなど、職場環境の本来あるべき正しい状態を意識できるようにしていく事です。

◆ しつけ
 職場内のルールをチェックシートにまとめたりなどして、日々守ることを習慣化していくものです。自発的に守る仕組みづくりが重要となります。

◆ おわりに
 5Sを意識して行う事で作業を行いやすい職場環境ができます。また、作業を行いやすい環境ができる事により作業の質も向上して行きます。5Sの活動を今一度意識して行ってみてはいかがでしょうか。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP