名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

ペップトーク

◆ はじめに
 ペップトーク(Pep Talk)とは、スポーツ選手を励ますために、指導者が試合前に激励するコーチング話術です。ペップとは、もともと「元気、活力」という意味で、ペップトークは緊張や不安をやる気に替え本来持つ力を最大限に引き出す話し方として、ビジネスなどにも取り入れられるようになりました。

◆ ペップトークの組み立て方
 ペップトークは、下記のように組み立てます。
1.受容(事実の受け入れ)
 相手の感情や状況を受け入れることから始め、緊張や不安な感情を汲み取ることで、心にスペースを作り、人の言葉を受け入れる余裕を作ります。
2.承認(とらえかた変換)
 1で受容した緊張や不安をプラス表現に転換すると、相手は今を受け入れ、それをプラスの感情へと変えていきます。
3.行動(してほしい変換)
 「ベストを尽くそう」など相手にして欲しい行動を促します。
4.激励(背中のひと押し)
 送り出す言葉なので、相手の性格を考えながら、その人にふさわしい言葉を投げかけます。

◆ ペップトークのルール
1.ポジティブな言葉を使う
 ポジティブな言葉で、相手の不安や緊張を取り除きます。
2.短い言葉を使う
 言葉の断捨離をし、必要な言葉だけにすることで、相手の心にすっと入ります。
3.わかりやすい言葉を使う
 わかりやすい言葉を使うことで、考えなくても理解することができ、伝わりやすくなります。
4.相手が一番言って欲しい言葉を使う
 相手のやる気を引き出し、的確にアドバイスするため、相手に適した言葉を考えます。
5.相手の心に火をつける本気の関わり
 普段から信頼関係を作り、「本気で応援する」思いを持つことで、相手の心に伝わります。

◆ おわりに
 言葉には、情報の伝達だけでなくイメージを喚起させる力があります。ネガティブな言葉をかけるとネガティブなイメージだけが残り、失敗を導いてしまいます。反対にポジティブなイメージが残れば、成功へ導くことができます。
 ペップトークは、自分自身へ投げかけることもできます。明るいポジティブな言葉を発してると雰囲気まで明るくなります。ペップトークを職場で活用してみてはいかがでしょうか。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP