名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

説得力を増す方法

◆ はじめに
日常生活では、誰かを説得しなければならない状況が必ずあります。無理に自分の意見を押し付けると、その後の人間関係に影響が出る事もあります。説得とは無理に押し付けるのではなく、相手に納得してもらうことです。今回は説得力を増す方法をご紹介します。

◆ 相手に好感を持たせる
 聞き手が同調したくなる人柄とは、聞き手が期待するとおりの口調、見かけ、振る舞いをしてくれる人です。その場にふさわしい言動をすることができれば、相手に上手くメッセージを伝えることができます。
「郷に入っては郷に従え」というように、相手、場所によって期待される振る舞いは異なります。色々な場所で、声のトーン、身振り、服装、間の取り方、礼儀作法などを観察してみるといいかもしれません。
 ただし、自分の人柄とあまりにもかけ離れた人柄を装うことはおすすめできません。ある人にとってうまくいったやり方も、他の人が使うと災難をもたらすこともあります。

◆ 服装で説得力を増す
 「服装は最高の招待状」という言葉があります。
相手がこうあってほしいと思っている服装をすることで、説得力を増すことができます。実際に服装によって相手の行動が変わるということは実験によって明らかになっています。ここでも大切なのは、相手によって適切な服装は異なるということです。迷ったら相手と同じような服装か、それよりも少しいい服装をするのがいいでしょう。

◆ 適切な言葉遣いで説得力を増す
 政治家は、特定の聴衆の期待に沿うように自らの振る舞い、服装、言葉遣いを変えています。話し方、話すスピード、言葉の選択も徹底的に練習しています。言葉遣いをコントロールすることで、聴衆に自分が仲間であると思わせることができるからです。相手に自分は仲間であると思わせることができれば、説得できる可能性はかなり高くなります。

◆ おわりに
今回ご紹介した方法は技術です。性格とは違い、練習すれば誰でも身につけることができます。また、日常生活の色々な場面で応用されているので、知っておくだけでも役に立つと思います。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP