名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

抵当権と根抵当権

◆ はじめに
 不動産を購入する際に金融機関から借り入れをした場合、金融機関はその不動産について「抵当権」を設定します。そして、その後、その不動産を他人に売買しようとする場合は、この抵当権を金融機関に抹消してもらうことにより売買が成立します。
 しかし、抵当権にはもう一つ「根抵当権」というものが存在します。この根抵当権は少し特殊な性質があるのでご注意ください。

◆ 「抵当権」と「根抵当権」
 「抵当権」とは、一言で言うと不動産を購入する時の借り入れの担保としてその不動産自体に設定するものです。仮にその借り入れが返済できなくなった場合、その不動産を現金化しその返済に充てることになります。
また、借り入れを全額返済すれば金融機関が抵当権をはずしてくれます。
 これに対し、「根抵当権」とは、あらかじめ貸し出す上限金額を金融機関が設定し、その範囲内において何度も貸し借りが出来るようにする際に用いられる担保物件です。
 例えば通常の抵当権であれば、不動産を担保に1,000万円借り入れた場合、1,000万円を返済すると抵当権が抹消されます。
これに対し、根抵当権は、限度額5,000万円であればその5,000万円の範囲内で何度でも貸し借りが出来るというものです。

◆ 「根抵当権」の注意点
 逐一、借り入れの都度抵当権の設定をしたり抹消したりというのが面倒な為生まれた根抵当権ですが、一見便利そうに感じますが注意が必要です。
 まず、根抵当権は、通常の抵当権よりも抹消する為の手続きが煩雑です。仮に根抵当権がついていて、1円も借りていないような場合でも根抵当権が勝手に抹消されるということはありません。
 このような場合は、根抵当権を設定している金融機関との解除契約が必要となってきます。ただ、金融機関としても大口の取引先を失う事になる為すんなり抹消に応じてくれないケースもあるようです。

◆ おわりに
 抵当権も根抵当権もどちらも抵当権ですが、その不動産についている抵当権がどちらなのかによって、今後の売却のスピード等が変わってきます。不動産の売買を検討されている方は是非確認してください。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP