名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

経常利益を確保せよ!

◆ はじめに
 今回のASKニュースは、決算対策です。
決算対策は、税金の為の対策だけではありません。銀行交渉の為の決算対策も重要です。銀行交渉の為の必須条件は、「利益を出し続けている。」事です。
まずは、経常利益が銀行交渉上重要となってきます。次に経常利益よりも営業利益、営業利益よりも売上総利益が重要です。
 営業利益がマイナスになっているとまず、プロパー融資は難しいと思ってください。
では、どのように経常利益を確保すれば良いのでしょうか。

◆ 決算書を整える
 決算期後でも出来る決算対策はあります。それは、決算書を適正に整えるだけです。例えば
①その期にだけ発生した特別な経費
 退職金、新規出店費用、特別償却等を特別損失で処理をする。
②営業外収益に対応する費用は営業外で処理
 従業員の家賃や金融関係の手数料などを営業外費用で処理をする。
③製造原価と一般管理費の振り分けを正確に
 厳密に製造原価と一般管理費を仕訳する。

◆ 決算月を考える
 出来るだけ、売上や利益が大きな月を期首にもってくるように決算月を設定すると、利益をコントロールできます。期首に大きく売上や利益が立つようにすると、1年かけてその利益をどうするかを、じっくり考える事ができます。
 反対に期末に大きく売上や利益が立ってしまう決算月だと、コントロールが難しくなってしまいます。

◆ 2期連続赤字になりそうなとき
 銀行交渉上、2期連続赤字は避けなければなりません。しかし、どうしても2期連続赤字が見込まれそうな場合は、既存取引銀行から翌期の返済に必要な額を決算前に借りてしまいましょう。
 慢性的な赤字体質で無い場合、その赤字の原因とその対応策を丁寧に銀行に説明し、素直に相談をしましょう。そうすれば融資を受けられる可能性は十分になります。

◆ おわりに
 決算対策は、税金対策だけではありません。銀行対策としても非常に重要になってきます。ただし、税金対策と銀行対策は相反する部分が多いです。事前に顧問税理士と相談をすることをおすすめいたします。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP