名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

特別受益

◆ はじめに
 被相続人から相続人に対してマイホーム資金の援助や開業資金の援助などがあった場合には、贈与を受けた相続人と贈与を受けていない相続人の間で不公平が生じます。相続人が受けたこのような利益を特別受益といいます。今回は特別受益について確認していきましょう。

◆ 特別受益の持戻し
 上記のような相続人に対する贈与があった場合には、その贈与分も相続財産にプラスして遺産分割を行います。この計算方法のことを特別受益の持戻しといい、特別な贈与を受けた相続人を特別受益者といいます。

◆ 特別受益に該当するもの
(1)結婚や養子縁組のための費用
 持参金、嫁入り道具、支度金や結納金については、ある程度のまとまった金額であれば、特別受益に該当します。また、挙式費用などは原則として特別受益には含まれません。
(2)生計の資本としての贈与
 学費、祝い金及び生活費の援助などは、相当程度高額のものでなければ特別受益に含まれません。なお、私立の医学部の学費や海外の留学費用などは特別受益に含まれます。
(3)遺贈で取得した財産
 遺産分割前の財産の先取りといえるので、相続人への遺贈は特別受益に該当します。
(4)その他
 土地や建物の無償使用は特別受益に該当します。また、生命保険金については、民法上の相続財産ではありませんが、特別受益に該当します。

◆ 特別受益の評価
 特別受益の金額の評価は、贈与時の価額ではなく、相続開始時の価値で計算します。不動産や株式などに該当する場合には価格変動が大きいため注意が必要です。なお、不動産や株式を相続時に売却していても、現物があるものとして計算を行います。

◆ 特別受益の持ち戻しの免除
被相続人にとって不公平も承知の上で特定の相続人に多くの財産を残したいという場合には、被相続人の遺言により特別受益の持ち戻しをしないで相続をさせるとよいでしょう。

◆ おわりに
 相続対策はしっかりとして、親族間でトラブルにならないようにしましょう。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP