名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

貸金庫

◆ はじめに
 被相続人が貸金庫契約をしていた場合、それの開閉を求める権利やその中に遺言書や現金が存在していた場合民法的にはどのような対応をしなければならないのでしょうか。
 相続人が勝手に貸金庫の開閉を求めたり、中の現金や遺言書を持ち出して良いのでしょうか。少し見ていきましょう。

◆ 一部相続人からの開扉要求
 貸金庫の法的性質は、場所の賃貸借とするのが判例として出ています。よって借主たる地位は、各相続人に共有することになります。そうすると、貸金庫を利用する権利も各相続人が共有することになります。また、内容物を保存する行為はできます。ただし、処分行為や保存行為を超える管理行為はできません。
 これを踏まえると、一部の相続人が貸金庫内
の内容物を確認するために貸金庫の開扉をすること自体は可能となるでしょう。
 しかし、貸金庫内の内容物に関して一部の相続人が他の相続人の合意が無い状態で持ち出すことは出来ないと考えられます。なぜなら、貸金庫内の内容物は各相続人同士準共有の状態であるからです。

◆ 遺言書があった場合
 貸金庫内に遺言書があった場合は、その遺言書が公正証書遺言であった場合は、家庭裁判所での検認手続きは不要です。
 秘密証書遺言や自筆証書遺言だった場合は、家庭裁判所での検認請求が必要となってきます。その遺言書を見つけた者が検認請求をしなければなりません。

◆ 現金があった場合
 貸金庫の中に現金があった場合、遺言書が無く、遺産分割協議成立前であれば、その現金を一部相続人が持ち出すことは当然できません。
 判例では、分割前の資産に関しては不動産等と同じく共有扱いとしているので、たとえその現金が法定相続分であったとしても引き出すことは出来ません。

◆ おわりに
 今回の相続ニュースは、民法の立場で貸金庫について述べてみました。貸金庫の内容物も立派な相続財産です。上記の点を忘れずに相続財産の確定をしてください。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP