名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

悪魔の銀行交渉術

◆ はじめに
 企業が成長してくるとどうしても頼らなくてはいけない存在が銀行です。私がよくお客様に「無借金経営を目指すには借金をしなければいけない。」と言います。何だか矛盾しているように聞こえるかもしれません。
 現預金が月商の6ヵ月分ある人は無借金経営の資格があります。しかし、それ以外の人は銀行から借りてでも手許資金を充実しておく必要があります。企業がつぶれるのは、借金があるからでも赤字だからでもありません。手許資金がなくなった段階で倒産なのです。
 では、無借金経営を目指すためにどのようにすれば銀行と上手く付き合っていけるのでしょうか。少し見ていきましょう。

◆ 銀行交渉のポイント
 何でもかんでも銀行と交渉すればすべてが上手くいくということはありません。交渉するにしても前提条件が必要になってきます。
①数字、②相性、③競争、この3点が銀行交渉にとって重要なファクターとなります。

①の数字というのは、決算書の数字です。黒字であることはもちろん、債務超過ではないか、借り入れの返済原資はあるのかが重要になってきます。
②の相性とは、銀行は、銀行間だけでなく同じ銀行でも支店間によって融資姿勢が全く違います。富裕層に力を入れているのか、法人に力を入れているのか、新設企業に力を入れているのか。それを見極めることが重要です。
③の競争とは、銀行とは、複数取引をしなければならないということです。一行取引のみの方は今すぐ他の銀行に相談するべきです。
 しかし、相談する場合に気を付けて頂きたい事はこちらから融資窓口に行ってはダメだという事です。この理由は、今後ご説明するかもしれません。

◆ 銀行交渉のコツ
 銀行交渉のコツは、どれだけこちらが優位に立つかということを考えることです。銀行は差別化が出来ない業界だということをこちらが理解をし、銀行に対して貸さないと損をすると思わせられるかが勝負の分かれ目です。これが悪魔の交渉術という所以です。

◆ おわりに
 今回は、本当にさわりの部分しかご説明をしておりません。もし、銀行交渉を上手くやりたいという方がいらしたら是非ご相談ください。

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP