名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

相続の承継方法

◆ はじめに
 相続が発生したら、相続人は相続開始の時から被相続人の財産に専属した一切の権利義務を承継することになります。
民法において単純承認、限定承認及び放棄の3つの権利義務の承継方法があります。

◆ 単純承認
(1)単純承認とは
 単純承認とは被相続人の権利義務を承継することを、相続人が無限定に承認することです。

(2)単純承認の方法
① 相続人が相続財産の全部又は一部を処分した時
[処分]とは、法律行為だけでなく事実行為をいいます。具体的には、被相続人名義の家屋を取り壊すなどの行為や、金融機関に告知せずに法定相続人が被相続人名義の預金を引き出して、法定相続人名義の預金に移し替えるような例です。
② 相続人が熟慮期間内に限定承認または相続の放棄をしなかった時
熟慮期間とは、「自己のために相続の開始があった時から3ヶ月以内」をいいます。注意点としては、相続の開始があった時から3ヶ月以内」ではなく、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内という点です。この期間内に相続の放棄がなければ、単純承認をしたことになります。
③ 限定承認又は放棄をした相続人が相続財産を自分のものにした時等
いったん、有効に相続の放棄をした元法定相続人が、相続放棄後に相続財産を隠蔽したり、消費したりした場合などが該当します。

◆ 限定承認
(1) 限定承認とは
 限定承認とは相続人は相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をすることです。

(2)限定承認の方法
① 限定承認の申述
相続人は限定承認をしようとするときは熟慮期間内に相続財産の目録を作成して家庭裁判所に提出し、限定承認をする旨を申述しなければなりません。

◆ 終わりに
プラスの財産よりマイナスの財産が多い場合には、相続開始を知った時から3ヶ月以内に相続の放棄又は限定承認をすると良いでしょう。

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP