名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

質問の意図を読む~税務調査編~

◆ はじめに
 確定申告が終わり税務署の異動までの間、プチ調査期間となります。今まで動けなかった法人部門が動けるようになったり明らかに何か不備がありそうな資産税に対する調査だったりがこの時期に多くなります。
 そこで、いざ税務調査が起こったときに準備をしておかなければなりません。そこで税務署職員がよくする質問とその意図を挙げておきます。

◆ 『売上に関する帳簿を見せてください。』
 売上帳は、すべての要です。売上除外を見つけるのが税務署職員の最重要調査目的でもあります。また、売上管理がずさんな会社はいろいろ不備が多いという当たりを付けることができるので必ず確認してきます。各決算期の売掛金残高の発生時期や回収サイトなどはきちんと把握しておきましょう。

◆ 『パンフレットが大量に眠っていますが。』
 貯蔵品も立派な在庫になります。パンフレットなどが倉庫に大量に余っている場合、現在配っていないと在庫としてあげているか確認してくる場合があります。そのパンフレットは組織図などが変更しており陳腐化している旨を伝えなければならないでしょう。それ以前に倉庫の整理はこまめにしておきましょう。

◆ 『役員貸付金が多いですね。』
 よく銀行が気にする役員貸付金ですが、税務署も気になるようです。貸付金は立派な債権です。代表者への貸付といえども人に貸している以上は利息をもらうのが当たり前という何とも世知辛い考えをするのが税務署です。きちんと金融機関と同じ利率で利息を計上しておくと良いでしょう。また、役員賞与と言ってくる場合もあるので気を付けましょう。

◆ 『外注費とはなんですか。』
 外注費も結構な論点になります。そもそも給与じゃないかとか架空の経費でないかとかを確認してきます。少なくとも契約書など形式的な部分は具備しておかなければ余計な詮索をされる恐れがあります。

◆ おわりに
 税務調査というのは、水物です。この時にこれという対策はなかなかありません。税務調査でお困りの方ASKまでご一報ください。

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP