名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

相続人・相続分・相続財産

◆ はじめに
 相続が開始すると一番の問題となるのが、誰が相続人でどのように配分されて何が相続されるのかということです。
 そこで、今回の相続ニュースでは、相続人・相続分・相続財産についてご紹介いたします。それでは見ていきましょう。

◆ 法定相続人とは
 相続開始により被相続人に帰属する財産及び債務は法定相続人に相続されます。配偶者以外の相続人には順位が存在します。
① 配偶者
被相続人の配偶者は常に相続人となります。ここで言う配偶者とは、民法上婚姻届を提出した者の事を言います。婚姻関係の無い内縁関係や事実婚の相手は配偶者とはなりません。
② 第1順位
第1順位の相続人は子供です。子が先に死亡している場合は、代襲相続として孫やひ孫が相続人となります。
③ 第2順位
第2順位の相続人は、直系尊属です。被相続人の父母・祖父母の事を言います。
④ 第3順位
第3順位の相続人は兄弟姉妹です。兄弟姉妹が先に死亡している場合は、甥又は姪が代襲相続人となります。しかし、甥や姪の子は代襲相続人とはなりません。

◆ 相続分とは
 相続分は、相続人の状況によって千差万別です。一般的な考え方をご説明いたします。
① 配偶者及び子が相続人の場合
配偶者及び子の相続分は1/2です。子が複数人いる場合は、1/2を人数で除します。
② 配偶者及び直系尊属の場合
配偶者の相続分は2/3で、直系尊属の相続分は1/3です。
③ 配偶者及び兄弟姉妹の場合
配偶者の相続分は3/4で兄弟姉妹の相続分は1/4です。

◆ 相続財産とは
一言で言えば経済価値のあるすべての物が相続財産です。民法上では、被相続人の一切の権利・義務が相続財産となります。
お金に換算できるものはすべて相続財産と思ってください。

◆ おわりに
 相続人・相続分・相続財産と駆け足でみていきました。それぞれ奥が深くとても重要な概念となってきます。もし、ご不明な点がございましたらASKまでご相談ください。

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP