名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

ASKニュース

敏感すぎて生きづらい人

◆ はじめに
 最近、あらゆることに敏感すぎて生きづらさを感じている方が増えているそうです。『人の気分や感情に左右されてしまう』、『自分はダメだと責めてしまう』、『大人数の宴会は苦手』、『他の人の攻撃を受けやすい』、『他人の気持ちを優先して、自分の気持ちは疎かにしてしまう』、こういった傾向がある方はHSPかもしれません。

◆ HSPとは
HSPとは、Highly Sensitive Personを略したもので、『とても敏感な人』と訳されています。米国の心理学者のエレイン・N・アーロン博士自身が、繊細で敏感な神経を持っていたことから、自分と同じ内面や傾向を持つ人を観察・研究してHSPという概念を提唱しました。アーロン博士の研究によると、どの国であっても15~20%の人がHSPであるとされます。このHSPは環境や性格によるものではなく、先天的な気質であると説明されます。

◆ HSPに共通する主な特徴
①刺激に敏感すぎる
大多数の人の感知可能な範囲を越えて、身の回りに存在するさまざまな刺激に対して敏感に反応する。
②心の境界線がもろい
 心の境界線のバリアがもろいため、予期せぬ
ほどたくさんの人に嫌な思いをさせられたり、人間関係の泥沼に引きずり込まれる。
③疲れやすい
 周りに気を遣いすぎて、自分でも気が付かないうちにヘトヘトに疲れてしまう。
⑤自責や自己否定が強い
 自分を脅かす強いストレスが生じた時に、ストレス反応を対処できず、怒りや悲しみ、恐れなどの感情が残りやすく、否定的な感情が貯まりやすい。

◆ おわりに
 HSPは繊細で良心的で優しい一方で、責任感が強く、どうしても相手を責められず、相手を優先し、自分の気持ちを抑えてしまい自分にウソをついて生きてしまいます。
 ただ、自分を責めたり、悩んだり、諦めたり、相手を責めたり、承認を求めたりしているうちは自分を幸せには出来ません。
自分のパターンに気が付いて、悲しみや恐れ、怒りの感情の奥にある心の叫び(本音)を出すとラクに生きられるようになるようです。

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP