名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

遺言の変更・取り消し

◆ はじめに
 遺言を作成することで、遺産分割の方法、遺贈など遺言者の意思を遺せるだけでなく、相続人間での争いを予防しまたは最小限させることもできます。しかし、一度作成した遺言を取り消し、変更したい場合は、どうしたら良いのでしょうか?

◆ 遺言の内容を変更する方法
 作成した遺言を変更したい場合は、新たに遺言を書き直すか、作成した遺言自体を変更する方法があります。
変更が少なく、自筆証書遺言の場合は、直接その遺言の文章を変更できます。変更の方法は、その遺言の変更したい部分を示し、変更した旨、変更内容を書き、署名し、かつその変更の場所に印を押す必要があります。
変更内容が多い場合や公正証書遺言を変更する場合は、遺言を新たに書き直します。

◆ 遺言の取り消し(撤回)の方法
 遺言の全部または一部を撤回する場合、遺言作成者は新たに遺言を作成し、以前に作成した遺言の全部または一部を撤回する旨を内容に記載すれば前の遺言は撤回したものとみなされます。
 自筆証書遺言の場合なら、自分で書いた遺言を破棄してしまえば遺言自体が無くなりますので撤回と同じ効果になります。
 公正証書遺言の場合は、原本が公証役場に保管されているので作成者本人が遺言を破棄しても撤回になりません。公証役場では本人であったとしても原本を破棄することはできないので、撤回する場合は新たに遺言書を作成し撤回するしかありません。

◆ 遺言の撤回や変更の不備
 通常の遺言が不備により無効となると法定相続分通りに相続されます。しかし、遺言の撤回や、変更に不備があると無効となり、前の遺言の効力が発生してしまいます。撤回などが無効となってしまうと、遺言を作成してなかった時より相続で揉めてしまう可能性があります。遺言の撤回、変更をする場合は確実に有効な遺言を作成するためにも公正証書遺言が良いでしょう。

◆ おわりに
 相続をスムーズに行うために作成した遺言に、不備があったために、かえって問題が生じてしまう可能性があるので、前の遺言を撤回する場合は、より慎重に行うこうことをお勧めします。 

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP