名古屋の税理士法人を母体とした総合経営コンサルティング会社です。

アスクコンサルティング株式会社

News

アスクコンサルティングのお知らせ

相続ニュース

借金をしたら相続税が下がる?

◆はじめに
 銀行から「借金をすれば相続税が下がるので、借金をしてマンションでも建てましょう」といった提案を受ける事があります。しかし本当に借金をするだけで相続税が下がるのでしょうか?今回は借金と相続税の関係について考えてみます。

◆基礎知識
 基礎知識として、借金は相続財産から控除されます。相続税の対象となる財産はプラスの財産からマイナスの財産を引いた「正味の財産」なのです。例えば10億円の財産を持っている被相続人が9億円の借金も持っていた場合、正味の財産は差額の1億円となり、この1億円から基礎控除を引いた金額が課税の対象となります。

◆相続対策
 では相続対策としてただ借金をすればいいかと言うと、そんな事はありません。3億円の土地を持っている人が2億円の借金をした場合、プラスの財産は「3億円(土地)+2億円(借金で受け取った現金)-2億円(借金)=3億円」となり、正味の財産は借金をする前と何ら変わりはありません。

◆賃貸物件を建てれば節税になる
 それでは何故借金をすると相続税が下がるといった誤解が生まれているのでしょうか。それは「賃貸物件を建築すると相続税が下がる」ことと混同しているからだと思います。
建物の相続税評価額は建築費よりも大幅に低くなるため、現金を建物に変えると評価が下がり、その建物を賃貸すると借家権割合に応じてさらに評価が減額されます。その土地の評価も借家権割合、借地権割合に応じて減額されます。

◆借金の返済
 しかし、いくら相続税が下がるからと言って、安易に借金をして賃貸物件を建築する事はお勧め出来ません。相続人にとっては月々の返済も負担になりますし、場合によっては相続税の節税分よりも借金の利息の方が多いというケースもあり得ます。

◆おわりに
 借金をして賃貸物件を建築する事で相続税は確かに下がります。しかし、借金は長期間にわたって相続人の負担になります。もし借金をするのであれば、返済期間終了までの計画を立てて、十分に返済できる道筋をつけてから行うのがいいでしょう。

お知らせ一覧へ

実務トレーニングセット
セミナー案内
安心クラウド会計
経営者に聴く!
採用情報
福利厚生
facebook

PAGE TOP